木村眼科 乞田,多摩市,小田急永山駅 眼科

白内障手術

先進医療(多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術)実施施設

 

白内障手術について

当院では日帰り白内障手術を行っています。

白内障は、眼の中のレンズ(水晶体)が加齢などにより混濁してものが見づらくなる状態です。手術の時期は個人差がありますが、ものが見づらい・ぼやける・まぶしい、などの症状で日常生活に不便を感じるようになったら手術を考えてもよいかもしれません。

まずは受診していただき、視力低下の症状が白内障だけによるものなのか、他の病気の影響がないかを確認します。この時に瞳孔を開く目薬を使って診察しますが、薬の影響で診察後数時間は見づらくなりますので、自動車などの運転をしないときに受診してください。

診察後、手術のご希望があれば予約をします。このときに全身の病気の有無やその程度についてお伺いします。必要に応じてかかりつけの内科の先生に手紙で全身状態について問い合わせたり、入院しての手術が望ましい患者さまには大きな病院での手術をおすすめすることもあります。

手術は局所麻酔で行いますが、術中に痛みを感じることはあまりありません。手術時間はおおむね20分程度です。白内障で濁ってしまった眼の中の水晶体を超音波で吸い出し、人工のレンズと入れ替えます。入れた人工レンズは余程のことがなければ一生使えるものになります。

手術翌日は必ず受診してください。その後は通院は必要ですが、点眼・内服をして数日間洗髪、洗顔を控えていただく以外はほぼ通常の生活が可能です。術後2か月ほどで必要に応じてめがね処方をします。

手術というと敷居が高く感じられると思いますが、今までにたくさんの手術が行われていて、方法も確立していますので安心して受けられる手術だと思います。最近ものが見づらくなった方、以前から見づらいけど我慢している方、ぜひ一度ご相談ください。